女性ホルモンのバランスとニキビ

女性特有のニキビを起こすと考えられるひとつの原因に、女性ホルモンのバランスが乱れていることが影響しているそうです。

女性ホルモンは卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、その分泌量が減ると様々な不調が現れます。

例えば、女性ホルモンのバランスは、ストレスをうけると簡単に崩れてしまうということがわかってきました。

特に生理前は、女性ホルモンが激しく乱れます。

ニキビに悩まされる女性が増えるのも、実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。

メルラインであごニキビの防止をしたり、出来たニキビを正しく改善させるには、正しい食生活をしていくことが大事です。

中でも、野菜を中心に摂っていくことは非常に大事なことです。

野菜にはビタミンやミネラルが多くふくまれていますから、それらをしっかり意識して食べるのが理想となります。

特に、チョコを多く食べる人が一番、ニキビが出やすいそうです。

ニキビがひどくなって炎症をおこすと、洗顔の時などに少し指で触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。

そのため、ニキビが炎症を起こしている時には、どんなに気になっても指で触ったりすることは絶対にやめてください。

その理由は、触ると痛いからというだけではなく、雑菌が指から入って、さらに症状がひどくなってしまうからです。

そんな場合は、顔やあごニキビに効果的なメルラインを塗るなどした方がいいですよ。

 

 

永久脱毛してしまったら・・・

家庭でムダ毛脱毛が簡単にできるものとしては、レーザー脱毛器がありますよね。

これなら家庭用にレーザー量を控えているため、誰もが安心して使えます。

もちろん、脱毛効果は医療機関より落ちますが、医療機関に行くには予約が必要で自分の発毛サイクルと合わないこともあるはずです。

自宅で脱毛するのなら、自身にとってよいタイミングで処理することが可能なのです。

なお、陰毛の白髪を永久脱毛しようと脱毛クリニックに行くのは、一生、ムダ毛に悩まされたくないということでしょう。

ただ、永久脱毛してしまったら、二度とその場所に毛が生えてこないかも知れないということです。

そのため、悔いが残らないためにも、慎重に検討することが必要ではないでしょうか。

陰毛の白髪の永久脱毛に躊躇している場合は、一旦考える時間を持った方がいいでしょう。

ちなみに、無駄毛ですが、自己処理することでダメな点はいっぱいあります。

たとえば、カミソリを使用すると簡単にできるでしょうが、一週間に何度も剃らないと、また生えてくるため、繰り返し、処理するのが大変です。

しかも、カミソリの刃でお肌に傷をつけてしまうこともあります。

ですので、肌の丈夫でない人は、肌にとっては良くないので辞めましょう。

また、光脱毛は、黒いムダ毛に光を当てて反応を得ることで脱毛させることができる方法です。

光脱毛は熱いの?って疑問をお持ちの方もいると思いますが、実際は光が照射されると多少熱く感じることもあるかも知れません。

ただし、その熱さは瞬時に消え失せます。

また、光脱毛の際は肌を冷やしながら行われるため、赤みが出てしまう等の肌トラブルはあまりありません。